テープ起こしは自分たちでやるのではなくプロの業者に早く正確にやってもらおう

プロの業者がいる

PC操作

会社で会議やイベントを行うとき、音声を録音して、あとから利用しようと考える場合もあるでしょう。そして、そのまま音声として利用するのではなく、文字にしたいと考える場合もあるはずです。もしも、長時間の音声を文字にしたいというのなら、専門の業者に任せて、自分たちの代わりにやってもらうことをおすすめします。そちらならば、テープ起こしになれた方が作業をしてくれるので、正確に文字に起こしてもらえるでしょう。なお、デジタルレコーダーやスマートフォンで録音したものを、文字にしてもらうときにもテープ起こしを行ってくれる業者を利用できます。テープ起こしという名称は昔の名残なので、必要ならば気にせずに依頼するようにしましょう。

早く文字に起こしてくれる

資料

テープ起こしにはコツがいるため、素人が行うとかなりの時間がかかってしまう可能性があるので、社員に任せるのはおすすめできないのです。ほかに仕事がある社員が、文字を起こすために時間を使ったのでは、会社の損になってしまいます。テープ起こしを行っている業者ならば、素人が行うよりもずっと早く音声を文字にしてくれます。外部に頼むのですから費用はかかりますが、社員の時間を無駄に使わないため総合的には損をしないはずです。

すべてを記録したいなら素起こし

男女

テープ起こしにはいくつかの種類があるので、自分たちの会社が望むものを業者に頼むようにしましょう。もしも、音声の内容をすべて文字にして欲しいと考えているのなら、『素起こし』という方法を頼むようにしましょう。素起こしを頼めば、『ええ』や『ハイ』などといった、相づちまでもすべて文字にしてもらうことが可能です。一字一句、違いのないように文字にしてくれるので、すべてを記録したいと考えている場合にピッタリです。

広告募集中